お葬式の際に香典を渡すタイミング

以前であれば、通夜は遺族や親しい人が故人を偲び、お葬式には知人や知り合い、それ以外の人が参列するという認識がありましたが、時代と共にその考え方は変化してきました。現在、通夜はお葬式に出ることができない人が参列するものであり、お葬式は通夜に出ていない人が参列するものと考えられるのが一般的です。

香典を渡すタイミングについて、通夜に参列する場合や通夜には出ずにお葬式、告別式に参列する場合等、いずれにせよ最初に弔問した際に差し出すのがマナーとなっています。あるいは、どちらも参列できなかった場合には後日伺って渡す方法もあります。

通夜、お葬式や告別式、後日、どのケースであっても、香典の金額は変える必要はありません。なお、臨終直後や、取り込んでいる真っ最中に香典を渡してしまうと手回しが良いということで遺族に不快な気分を与えてしまう可能性がある上に紛失する恐れがありますので控えるようにしましょう。さらに、通夜にもお葬式にも参列する場合に香典を2回渡すという行為も不幸が重なるとしてマナーに反しますので注意しましょう。全てに参列することができず、代理を頼むこともできないという場合には、香典を郵送で送るようにしましょう。