お葬式に準備する香典袋の選び方

お葬式の為に香典を準備する際に必要となるのが現金を入れる香典袋です。今では百均やコンビニでも売られていますので、家に1つか2つ準備しておくといざという時に慌てずに済みます。ただし、香典袋は1種類ではなく、表書きが異なる物や、水引がついた豪華バージョンも売られていますので、どれにしたらよいか悩む方もおられます。

表書きの文字は宗派によって変わってきますので、お葬式の宗派がわからない場合には「御霊前」と書かれているものを選ぶと良いでしょう。仏式のお葬式とわかっている場合には、御香典、御仏前、御香料と書かれている物が使用できます。香典袋は不祝儀袋とも呼ばれますが、水引とは、香典袋に掛かっている帯紐を指しています。不幸がまた起こらないようにと結びきりの解くことができない帯紐となっています。

水引の色には白と黒、白と黄色、白と灰色、銀色の物等色々ありますが、一般的に通夜とお葬式には白黒、銀1色の物が使用されています。ただし、京都や北陸地方等の限られた地域では、白と黄色の水引の物をお葬式や法事で使用することがあります。なお、キリスト教式では、水引が掛かっていない袋を用いるケースもあります。わからないようであれば、御仏前と書かれた水引無しの物を準備しましょう。