お葬式で渡す香典の書き方

お葬式でお供えする香典袋に文字を書く場合、表書きは水引の中に、フルネームを水引の下あたりに書きます。この時にできれば薄墨の筆を使用するようにしましょう。薄墨タイプがなく普通のペンで書いたとしても、特にマナーに反することはありませんが、薄墨タイプの筆ペンも安く売られていますので、1本購入しておくと安心です。

内袋の表には、金5千円のように香典の金額を書きますが、裏面に既に印刷された記入欄がある香典袋の場合はその欄内に書くようにします。金額は旧字体でも、漢数字でも、書く欄によっては数字で記入しても特に問題はありません。さらに、名前と住所を内袋の裏面に書きます。

内袋が付いていない香典袋を購入した場合は、袋の裏側に名前と住所、金額を書きます。この時、汚くてもよいのではっきりと見やすい文字を書くことが大切です。香典はお葬式で忙しい中遺族が管理しなければいけません。後にその香典に書かれた内容を芳名帳や香典帳を見て確認しながら香典返しや喪中はがきの手配を行いますので、香典袋に書かれている文字は非常に重要な役割を果たします。その為、参列者側のマナーとしては、きれいに書くことも大事ですが、それよりも正しく名前や住所、香典の金額を記すことが求められます。