お葬式で手渡す香典の包み方

お葬式に香典を持って行く時は、袱紗に包むことがマナーとされています。袱紗に入れて持って行くことで、香典袋が汚れたりシワになることを防ぐ気づかいを表すことになる為です。香典を渡す際には、袱紗から香典袋を取り出してお盆のように使用し、上に香典を乗せて両手で相手に渡します。この時表書きは相手に向けることがポイントです。

香典の包み方は、袱紗のつめを左にした状態で、真ん中やや右寄りの部分に香典を上向きに置きます。袱紗の右を内側に折り、次に下側、上側の順に折っていき、最後につめのある左側をかぶせるように折ると、右側にはみ出ますので、裏に回してつめで止めたら完了です。

袱紗にはおめでたい時に使用する慶事用と弔事用の2タイプがありますので、絶対に間違わないように注意が必要です。結婚式の時等に使う慶事用の袱紗は暖色系をしており、お葬式等に使用する弔事用は寒色系が一般的とされていますが、紫色の袱紗であれば、慶事、弔事どちらのシーンでも使えますので1つ持っておくと便利です。袱紗がない場合には、小さなハンカチや風呂敷のような布でも代用できますが、地味な色を選択するようにしましょう。最近ではポケット式になっている袱紗も売られていますのでそちらもお勧めです。